沢登り

霧積川 墓場尻川左俣

怖そうな名前とは裏腹に癒し渓~

快適なナメ床歩きが楽しめる。

三連瀑・雌滝を直登すればなお楽しい!

霧積川 墓場尻川左俣 遡行記録

2017/6/24 日帰り 曇り

遡行グレード:2級(滝登攀して)

メンバー:シュカ、他1名

いづみ橋の駐車スペースに車をとめ、墓場尻川の左岸林道をしばらく歩く。

 堰堤の上から入渓。

 いきなり綺麗なナメ滝。

 新緑と苔を楽しみながら遡行。

 ここで釣り師と遭遇したが、快く先に行かせて頂いた。


沢幅が狭くなり、つっぱりムーブで進んでいく!

また堰堤が出てきた。
ハシゴがかかっているので容易に越えられる。

 堰堤を越えるとすぐに、綺麗な7mナメ滝。
右からスリップに注意して慎重に登る。


でーん!とCS滝に行く手を塞がれる。
超・シャワークライムでいけそう?
・・・無難に左岸から巻いた。

 ナメと小滝の癒しの渓相が続く。

ここで三俣に到着。
それぞれに滝がかかっている。

中俣。立派な滝がある。


右俣。奥にはゴルジュがあるらしい。


これから行く左俣。

 左俣に入ってすぐ、3連瀑だ。
倒木を利用して右から突破。


2段目は水流すぐ左から。
細かいホールドと外傾スタンスを頼りに登る。

フリクションを信じれば意外といける。


3段目は水流のすぐ左へトラバースし、そのあと直上。
岩がボロくて緊張した。

無事、3連瀑突破!
それにしても周囲の地形が面白い。
ここだけスプーンで抉ったようになってる。

 再び癒しの渓相になる。

 ナメロード!

快適な沢歩きを楽しむ。

 この沢ではじめての大き目な滝は、落差15mの雌滝だ。
水流左の草付きリッジから、水流左の凹角に入り落ち口へ抜ける。

 凹角の突破に苦労した記録もあったが、意外とA0もせず苦労せず登れた。

 続いて、さらに立派な18m雄滝!
黒光りした逆相で、直登は難しい。


左岸から巻き。

 巻きがズルズルで意外と悪かった。

 人工物が目立つようになってくると・・・

林道に出た。
旧中山道から墓場尻川への下降で迷ったが、夕方には無事下山。

コースタイム

6:35 入渓ー8:45 三俣ー10:00 雌滝ー10:50 雄滝ー11:45 林道ー15:30 駐車スペース

装備

フェルトソール靴、30mロープ