日光・尾瀬の沢

足尾 三重泉沢

釣りとゴルジュ突破が楽しめる沢。

適度な難易度で初中級者に最適。

泙川 三重泉沢 遡行記録

2017/6/17-18 1泊2日 晴れ

遡行グレード:2級上(下部ゴルジュ帯を含む)

メンバー:ケーシ、他1名

夏のザクロ谷に向けて、ゴルジュトレーニング。

少し物足りなさそうだが、オール水線突破を目標に挑む。


ゲート前の駐車スペースに車を停めてスタート。

泙川と書いてたにかわと読むらしい。この山域での遡行は初めてだ。


入渓地点までひたすら林道を歩く。とにかく長い。

チャリンコが至る場所にデポされていた。釣り師用か?


ようやく入渓地点へ。暑すぎて早く水に浸かりたい。


入渓直後に堰堤が2つほど出てくる。最後の堰堤が少し危ないので注意。


河原歩き。早くゴルジュ出てこないかなー。


きれいな水を眺めながら歩を進める。魚影は濃い。


ようやくゴルジュが始まった。左壁には残置が見える。


残置は使わず、すんなり通過。ラバーソールなのでフリクション抜群。


次の滝。ここは登れないとされるが…。


予行練習なので取り付く。足はギリギリ付くので踏ん張って滝下へ。

ここからショルダーなどで水線突破を試みるが、激しい水圧に弾かれて手も足も出ず。


ハンマー投げなどをして遊ぶ。


結局1時間くらい遊んで左岸巻き。懸垂で沢へ復帰する。


降りたところには7m滝。右はまずないな…。左壁は何とか登れそうだが…。


と右岸に目を向けるとトラロープが張ってあるではないか。
水線突破を貫くつもりだったが、容赦なく巻きにかかる。(笑)


巻き途中から振り返る。トラロープに辿りつくまでが結構滑って悪い。


巻き終えると一旦沢は開けるが、再びゴルジュの様相に。


4m滝は空身で突破。


いよいよ核心が登場。八丁暗がりの滝。


パッと見、たいした事ない感じなのだが、結構滑るし悪い。

2.3回ドボンしたが、中央の岩を微妙なバランスで登ってクリア。


まだまだゴルジュは続く。

この滝を越えようと岩に手をかけた瞬間柔らかい感触が…。イノシシの内臓だった。

アプローチ、遡行中を通してイノシシ&鹿の死骸が多かった。


まだまだ泳ぐところも。遊びすぎたせいで少し体が冷えてきた。


豪快に水を落とす滝が連続する。どれも簡単に巻ける。


この滝は左岸に残置があり、簡単に巻ける。


左壁も登れる。


この滝を越えるとゴルジュは終わる。


そろそろテン場探し。


極上物件を発見したので、ここで幕営。薪が豊富で燃料には困らなかった。


2日目は仕事の疲れか3度寝くらいしてしまい、ゆっくりスタート。


特に難しい所は無く、景観を楽しみながら歩く。


遡行終了の目印である古びた砂防が出てきた。


そろそろ左岸に登山道があるはずなので、注意深く探すが中々見つからない。


少し彷徨ったが、無事に赤テープを発見。ここから尾根に上がる。


薄い踏み跡と赤テープを頼りに、ようやくニグラ尾根に到着。


下山開始。悪い箇所にはしっかりロープなどが張ってあるので安心。

林道に到着。ここから林道をひたすら歩いて、駐車スペースに戻った。

足の揃ったパーティなら日帰りで行けると思う。

コースタイム

1日目

8:30駐車スペース―9:30入渓地点―10:30ゴルジュ入口―14:20ゴルジュ出口―14:30テン場

2日目

9:00テン場―10:00遡行終了地点―10:30ニグラ尾根―11:10林道―13:00駐車スペース

装備

ラバーソール靴、50mロープ、カム