丹沢の沢

丹沢の沢

丹沢の沢

東京近郊に住む人にとってアクセスしやすい山域の沢。
半日~日帰りコースの短い沢がほとんどで、一見お手軽。
しかし、全体的に崩壊が進んでいる上、滝を直登しようとすると意外と悪いことが多く、油断大敵である。
暖かい時期はヒルが出るので、ヒル避けスプレー必須。

丹沢の沢登り記録集

サワグルイによる丹沢の沢の遡行記録集です。
グレードは目安です。

表丹沢
水無川水系
水無川本谷 1級上 ほぼ濡れないのでシーズン初めにオススメ。
源次郎沢 1級上 全滝直登できて面白い。
セドノ沢右俣① 2級 35m大滝登攀が核心。
セドノ沢左俣① 2級 手ごろな滝が多くシャワーも楽しめる。
沖ノ源次郎沢 1級上 沢というか涸れ棚の登攀だが、登りごたえがあり面白い。
新茅ノ沢① 1級上 全滝直登すればかなり充実する。
モミソ沢 1級上 涸れ棚登攀が面白い、寒くても行ける沢。
ソグラ沢 1級上 渋めの小滝が続く沢。
ヒゴノ沢 1級上 F1の登攀がかなりシブイ。
前大沢 1級上 超短いが登攀は難しめ。
四十八瀬川水系
勘七ノ沢① 1級上 丹沢を代表する初心者向けの沢。
葛葉川水系
葛葉川本谷 1級 沢登り入門の人気ルート。
東丹沢
本谷川 キューハ沢 2級 大滝も登れば充実。意外としっかり濡れる。
本谷川 四町四反ノ沢右俣① 2級 終始連瀑で登りごたえがある。
谷太郎川 鳥屋待沢左俣① 1級上 滝の登攀、ゴルジュ突破と変化に富んだ沢。
大山川 1級上 初級者から上級者まで楽しめる沢だったが、現在登攀禁止
裏丹沢
早戸川水系
鳥屋鐘沢 2級 短いながら登攀的な滝が続く。
本間沢① 1級上 水線突破が面白い。
円山木沢 2級 終始滝登りの登攀的な沢。
原小屋沢 1級上 歩きメイン、滝見物の沢。
カサギ沢 2級 ゴルジュを巻かずに突破すると難しい。
神ノ川水系
伊勢沢 2級上 50m程の大滝登攀が楽しめる。
ミクボ沢左俣(敗退) 2級 雪で敗退。
西丹沢
玄倉川水系
ユーシン沢 1級 渓相が綺麗な歩く沢。
モチコシ沢 2級上 60m大滝から始まる登攀的な沢。
女郎小屋沢 2級上 短い行程に難しい滝が連続する。
小川谷廊下① 2級 ゴルジュ入門沢。渓相がキレイ。
弥七沢 2級 短いが登りごたえがある。
中川川水系
東沢本棚沢 3級 しっかりクライミング技術が求められる登攀的な沢。
西沢本棚沢 3級 70m本棚の直登は悪絶!
西沢下棚沢 3級 45m下棚の直登も本棚に負けず劣らず悪絶!
箱根屋沢 2級上 人工登攀が楽しめる沢。
モロクボ沢水晶沢~滑棚沢 1級 癒し系の歩く沢。
トリキ沢(敗退) 2級 雪で敗退。
マスキ嵐沢 1級 西丹沢入門ルート。下山も読図必須。
鬼石沢 1級上 滝とナメが連続する西丹沢の入門ルート。
世附川水系
樅ノ木沢 1級上 ナメの続く癒し系の沢。
寺ノ沢左俣 2級 人の少ない静かな沢。登攀要素多め。

丹沢の沢登り 関連書籍

・東京起点沢登りルート120
メジャーどころを抑えたルート本。
丹沢以外にも奥多摩や奥秩父など、東京近郊からアクセスしやすい山域の沢が載ってます。
ルート本最初の一冊にオススメ。

・丹沢の谷200ルート
丹沢のメジャーどころは行き尽くした!
もっと丹沢の沢を極めたい!という人にオススメ。
かなりマニアックな沢まで載ってます。
地形図に書き込まれた、超詳細かつ見やすい遡行図が特徴。