雪山

常念岳 東尾根

冬の山は厳しくも美しい!

大展望が楽しめました。

常念岳 東尾根 山行記録

2016/2/23-24 1泊2日 晴れ / 雪時々晴れ

メンバー:シュカ、ケーシ

ほりでーゆ四季の郷を過ぎたところのゲート前に駐車。
まだ真っ暗な林道を歩いていく。

 40分ほどで取り付きの東尾根取り付きのハシゴに到着。

 鉄塔の下を通過する頃には、すっかり明るくなっていた。

 例年より積雪量が少なく藪が出ていた!
が、思っていたほどの藪漕ぎではなくてホッとする。

初日は晴天で前常念岳が綺麗に見えた。
天気が良すぎて暑いくらいだ。

 ひたすら樹林帯を登る。

標高2178mあたりで幕営。
早く着きすぎてまだ昼前!
まぁ、寝不足だったから丁度いいか・・・。

 夜は晴れていたはずが、翌朝起きてみると雪。
そのうち晴れることを期待して出発。

 稜線に出たが展望なし。
晴れてくれ~!

 道中、少しだけ岩場もあり。

 アイゼン手袋での岩登りは、まだちょっと怖い。

 山頂に近づくにつれ、晴れ間が出てきた!

前常念までもうすこし。
時折ふらつくほどの強い風が吹く。

それにしても、雲の上に出たためすっかりいい天気だ。
朝日と雲海が非常に綺麗!


ケーシに完全に置いていかれているが、どうにもペースが上がらない。
まぁいいかと綺麗な風景を眺めながらのんびり進む。

 山頂直下のシュカブラ。
自然の造形美だ。
雪山、こういうのが見れるのがいいよね。

 山頂に到着!
360度の大展望。

うーん、良い景色だ。
山頂は晴れていて本当に良かった。

 槍穂もくっきり見えた!

風が強く寒いので、あまり長居はせずに下山。

常念岳を振り返る。
残雪期と比べると威圧感があるなぁ。

あとは来た道を戻るだけ。
雲海の中に下りていく。

 何度も振り返りつつ下山。
まっさらな雪に、自分たちだけのトレースを付けられて満足・・・!

 雲海を抜け、樹林帯に入るころには雪空。

後は来た道を帰るだけ!
綺麗な樹氷を眺めながら下山。

コースタイム

1日目
駐車スペース5:30ー尾根取り付き6:10ーテンバ11:50

2日目
テンバ4:30ー山頂9:00ー駐車スペース15:00