関西の沢

大峰 葛川本流

葛川本流は一日中泳ぎっぱなしのザ・泳ぎ沢!

暑い日に水と戯れるのにオススメ。

北山峡 葛川本流 遡行記録

2021/6/9 日帰り 晴れ

メンバー:シュカ、ケーシ

遡行グレード:2級

6月に入り、ようやく気温が上がってきたので泳ぎの沢へ!
葛川にかかる田戸橋付近の駐車スペースに車をとめる。水温はまだ低そうなので、ウェットスーツを着込んで出発。

駐車スペースの脇から沢へ下る。下りやすそうな緩い斜面を選んで下って行くと、特に苦労せず沢に下りることができた。

降り立つと目の前に淵。いきなり泳ぎ!
やはり水温は低いが、気温も高くウェットも着ているため心地よい冷たさだ。

初っ端からゴルジュ地形。水の流れは緩く、特に苦労せず進んでいける。

しばらく進むと更に両岸が切り立ってきた。この沢の核心、S字淵の始まりだ。

緩い流れを泳ぎ進む。

S字淵の最深部。まずはケーシが数回トライするが、良いホールドが無いらしく流されてきた。

ケーシがダメなら無理じゃん?と言いつつ、私もダメ元でトライ。
すると…意外とあっさり行けてしまった。側壁のカチを保持して、水中のヌルヌルの岩に乗り上がり、そのまま対岸の反転流に飛び込んでクリア。

フォローはロープで引っ張り上げた。ここは確かに、水量が多いと全く歯が立たなそう。

核心を終えると、綺麗な淵と小滝が連続する。

ひたすら穏やかな淵が続く。天気も良くて気持ちがいい。

一応遡行図を見ながら進むが、同じような景色が続くので、どこにいるかよく分からない。ただひたすら泳ぐ。

頭上に道路が横切り、ようやく居場所が分かる。ここからが後半戦だ。

相変わらず次々と出てくる長い淵を、ひたすら泳いで越えていく。

泳ぎ飽きたころに一ノ滝に到着。右岸をへつろうと思ったが、ヌルヌルで嫌な感じ。結局、前衛の滝とまとめて左岸から高巻いた。 

一ノ滝上は綺麗なナメ!一瞬で終わってしまったが…

すぐに堂々たる二ノ滝が出てきた。

滝の右側にもそこそこ水が流れているので、今回の水量は平水より少し多いくらいだったようだ。もっと水が少なければ登れそうな感じ。

おとなしく左岸から高巻く。

二ノ滝上もナメ。紀伊半島の沢は滝上にナメがあることが多い気がする。

あとは平凡な河原を歩いていく。石積みが出てきたところで遡行終了。

枝沢を詰めて行ったら、変な所に出てしまった。道路に上がるまで逆に面倒だったので、遡行図の通りに詰めたほうが良かった。
その後は小一時間道路を歩いて駐車スペースに戻った。

葛川本流はほぼ泳ぎの要素しかない純な泳ぎ沢だった。増水していなければ特に難しい所もないので、泳ぎ沢入門に良い沢だと思う。
車2台体制なら下山も無くなり超お手軽。ただひたすら泳ぎたい時に行くのが◎。

コースタイム

駐車スペース9:00ーS字淵9:30ー車道横断点11:30ー二ノ滝12:50ー車道13:30ー駐車スペース15:00

装備

ラバーソール靴、フローティングロープ30m、ライフジャケット、ウェットスーツ