四国の沢

滑床渓谷

その名の通りナメ床が発達した沢。

綺麗なナメにひたすら癒されること間違いなし。

目黒川 滑床渓谷 遡行記録

2019/6/11 日帰り 晴れ

遡行グレード:1級

メンバー:シュカ、ケーシ

観光地として有名な滑床渓谷だが、なかなか綺麗な沢らしく行ってみることにする。

 万年橋から入渓。

初めから岩盤が発達しており良い感じ。
すぐ横に遊歩道が走っているので、巻きたい所はすぐ巻けるしいつでも帰れる。

 20分程で広いナメがでてくる。
快適に通過。

最初の大ナメを過ぎると一旦ゴーロになる。
遊歩道から巻く。

富士型のナメから沢に復帰。

しばらく進むと大釜を持った小滝にぶつかる。
遊歩道に上がって巻く。

左手からは雪輪の滝が落ちている。
ラバーなら簡単に登れそう。

遊歩道から雪輪の滝を眺める。
端整なナメ滝だ。 

 その後もナメが続く。
流石滑床、ナメしかない。

途中、ナメ床にできた水たまりで小魚をゲット。
初めて見る魚だ。

こいつも水たまりに大量にいた。アカハライモリ。

そして・・・でた!シーボルトミミズ!
水たまりでヘビが溺れてるのかと思ってよく見たら、巨大ミミズだった。
写真ではイマイチだが、青くキラキラ輝いていてとっても綺麗。

千畳敷のナメを満喫したところで、正直もう飽きてしまったので遊歩道から下山することに・・・。

所々崩壊した遊歩道を下山。
観光地ながら美しく長大なナメを楽しめる良い沢だった。

コースタイム

万年橋7:20-遡行終了10:00-万年橋11:20

装備

フェルトソール靴、30mロープ(未使用)