丹沢の沢

西丹沢 西沢下棚沢

本棚と並び、丹沢の中でも難しい滝の1つ。

本棚に比べれば楽勝だよね~と取り付くが…。

中川川 西沢下棚沢 遡行記録

2019/7/9 日帰り 曇り

メンバー:ケーシ、シュカ、他1名

遡行グレード:2級(下棚の登攀を含まない)

昨日の本棚に引き続き、お隣の下棚へ。
この滝も丹沢では最難クラスなのだが、
本棚よりは悪いはずないよね~と完全に余裕モード。


昨日と同じ道を歩いて取り付きへ。


下棚45m。結構立っている。
上部が核心との事だが、下部もそれなりに悪そうな感じ。


2ピッチに分けても登れるが、稜線まで抜けたいので1ピッチで行くことに。


下部の核心部。
甘いホールドを保持してハイステップでスタンスに乗り込まなければならないのだが、沢靴だと結構厳しい様子。


しばらく粘った後にフラットソールのケーシに交代。
全くリードする気がなかったので、心の準備が…。


下部のハイステップをこなし、その後もまともな支点が取れない中、細かいホールド・スタンスを拾って直上。
岩の脆さは本棚よりはマシだが、所々崩れる場所があるので、どのホールドも信用ならない。


ようやくガバ地帯に到着。
玉切れになりそうなのと若干ハートブレイクした(笑)ので、ここでピッチを切る。


1ピッチ目終了点から。
1ピッチ目は全体的に残置少なめでA0も出来ないので、沢靴では結構シンドイと思う。


極小テラスに大人3人。完全にキャパオーバー。
登山者が滝見物に来ていた。


2ピッチは友人にリードを交代。


シャワーを浴びながら直上。


傾斜は強いがホールド豊富。岩も安定している。


2ピッチ目から下を覗く。結構な傾斜。


2ピッチ目後半は再びホールドが細かくなる。
最後のスラブパートは残置を上手く利用して突破。


2ピッチ目終了点。お疲れ様でした!

落ち口より。全員登り切り時間を見ると登山道抜けは厳しそう。
ということで、前半の滝を登って登山道へ詰めることに。


F2は右から。


最後のガバを掴めれば終了。


登り途中の1枚。


F3。通常は左から登るらしいが…。


強点をついたライン取りで流心を直上。水流に#3.#4のカムをきめて落ち口へ。
その後、2つほど滝を越えて脱渓。登山道経由で駐車場に戻った。

下棚、本棚ともに今まで登った丹沢の滝の中でもトップクラスの難しさだった。
もうリピートはしたくないけど、次回は普通に上部の遡行だけしてみたい。

コースタイム

西丹沢自然教室7:00―下棚取り付き7:20―1ピッチ目8:40―2ピッチ目9:40―滝上11:30―登山道15:30―西丹沢自然教室16:00

装備

ラバーソール靴、フラットソール、50mロープ×2、カム、ハーケン