丹沢の沢

西丹沢 西沢本棚沢

丹沢最難の大滝にトライ。

ボロボロの壁はまさに悪絶!!

中川川 西沢本棚沢 遡行記録

2019/7/8 日帰り 曇り

メンバー:ケーシ、シュカ、他1名(finetrack根本さん)

遡行グレード:3級(大滝直登)

丹沢のラスボスを片付けに遥々新潟から神奈川へ。
今回はfinetrackの根本さんが参戦。とても心強い!


西丹沢自然教室に集合し、持っていくガチャの厳選をしてからスタート。


本棚までは約30分のアプローチ。


看板から少し歩くと滝が見えてくる。


見事な本棚70mの登場。
ここ数日の雨で水量が多く、迫力に拍車がかかっている。


登攀ルートを眺めながら登る順番を決める。
協議の結果、1Pシュカ、2Pケーシ、3P根本さんに決定。(2Pでも登れる)
恐怖の3P目は根本さんが快く引き受けてくれた。


1P目のシュカから登攀開始!動画を撮ることに夢中で登っている写真を撮り忘れた…。
写真は1P目終了点から。
岩は案外しっかりしているが、上部に行くほどバランシー。残置は豊富。


根本さんフォロー中。
1P目は終了点前が核心かな?


フォローのケーシも続く。


ロープを結び直して2P目開始!
ここからケーシのリード。


前半は脆いがホールドは豊富。ステミングで登っていく。
途中、ハーケンを何回か打ってみたが岩が脆くて諦めた。


後半はドロドロのルンゼに突入。
A0で体を強引に引き上げる。


最後は左にトラバースして終了。
ここのトラバースはもげそうな草付きを持って騙し騙し越えるところがあり、意外と怖い。
15mと短いが一番不快なピッチだった。


2ピッチ目終了点は下からは良く見えないが、大人3人くらいが立てるスペースがある。
素晴らしい高度感!


根本さんのフォロー中、ホールドが崩れてまさかのテンション。怖すぎる(笑)


全員登り切り、ラストの3P目を眺める。前半は階段状に見えるが…。


取り付いてみるとほとんどのホールドが動く!!ガバっぽいものはだいたい動くので注意。


慎重にホールドを選んで階段状を右上していく。


右上するとバンドがあり、ここで一息つける。
そしてここからが核心。リッジに出て水流沿いを直登する。
岩はしっかりしてくるが、悪いホールド・スタンスと激シャワーで中々シンドイ。


落ち口付近。上部は草付きを登るラインと水流沿いを登るラインが選択できる。


全員無事に登攀終了!
滝上には次の滝が間髪入れずに現れる。今回は時間的に上まで詰めるのは厳しいと判断し、右岸尾根をクライムダウンと懸垂2ピッチで下降した。

滝下で記念撮影。翌日の下棚に向けてさっさと下山し、体を休めることにする。

コースタイム

西丹沢自然教室8:00―本棚下8:30―1ピッチ目9:00―2ピッチ目10:20―3ピッチ目11:30―本棚上13:30―西丹沢自然教室15:00

装備

ラバーソール靴、フラットソール、50mロープ×2、カム、ハーケン