屋久島・離島の沢

屋久島 淀川中俣

屋久島の日帰り沢その2。

ほぼ癒し渓、ちょっとゴルジュあり。

荒川 淀川中俣 遡行記録

2019/4/9 日帰り 晴れ

遡行グレード:2級

メンバー:シュカ、ケーシ

昨日のビャクシン沢に引き続き、足慣らし的に日帰り沢に行くことにする。
淀川登山口に車を停めて出発。

淀川小屋を目指す。
登山道は整備されていてかなり歩きやすい。

 30分程で淀川小屋に到着。
小屋のすぐ先にかかる橋から入渓!

 またもや水の透明度が高すぎて、写真に写らないほど。
最初は少し深いところもあり、腿くらいまで水に浸かる。

滝はほぼ無く、穏やかな渓相が続く。
癒される~

 この沢もポットホールが発達していて、面白い渓相になっている。

そして至る所が苔の絨毯。
これだけ綺麗に生えていると、なんとなく踏むのが申し訳ない。
なるべく踏んづけないように進む。

遡行開始から30分程で癒しの渓相から一変、ゴルジュ地形になる。
簡単に巻けそうだが、行けるところまで行ってみることにする。


はじめの3段の小滝は問題なく越えられた。

 その奥は淵をもったCS滝になっていた。
ここは厳しそう・・・そもそも泳ぎたくないし・・・
右岸に都合よく岩溝があったのでそこから巻く。

 ゴルジュが終わると再び癒しの渓相になる。

すぐに左俣が出合う1410m二俣となる。

 しばらく歩くと中俣・右俣を分ける1440mの二俣。
流れが細かったため、枝沢だと思って右俣に入ってしまう。

 右俣に入ると淵を持つ小滝が現れたので、巻いて越える。

 引き続き淵となっていたのでへつって越えた。
この小滝を越えるといやにボサっている・・・。
中俣はヤブも無く快適とのこと。
GPSを確認するとやっぱり右俣に入っていたので引き返す。

 気を取り直して中俣へ。
パッとしないがボサっていないので快適。

 しばらく進むとスダレ状の滝が出てくるので右から巻く。

 まだまだ綺麗な淵が出てくる。

川幅いっぱいのナメになったかと思うと、再び淵状になったりと変化に富んだ渓相だ。

 中俣のクライマックスは15m程のナメ滝だ。
ラバーソールのフリクションを活かして、左壁を登った。

 濡れているところがやたらとヌメる。
フリーで取り付いてしまったが、ロープ出しても良かったかな。

 滝を越えしばらくナメ床を歩くと、湯泊歩道に出た。
淀川登山口に下りるので、花之江河方面へ向かう。
途中で高盤岳に寄ろうと思ったが、往復に意外と時間がかかりそうなのでやめた。

 花之江河に到着。
迷いやすいのかロープがはられていた。

あとは景色を楽しみつつ、整備された登山道をサクサク下山。

コースタイム

淀川登山口7:00-淀川小屋7:30-入渓7:40-ゴルジュ8:20ー間違って右俣に入る9:00-中俣9:20-15mナメ滝10:20-登山道10:30-淀川登山口12:30

装備

ラバーソール靴、30mロープ(未使用)