屋久島・離島の沢

屋久島 永田川~神様のクボ

屋久島、四大河川の一つとして知られる永田川。

単調な遡行内容だが、神様のクボは一見の価値有り。
海から登ればさらに充実するはず!

永田岳 永田川~神様のクボ 遡行記録

2019/4/12-13 1泊2日 晴れ/曇り

メンバー:ケーシ、シュカ

遡行グレード:3級上

本命の宮之浦川に向けて、体力作りも兼ねたトレーニングで永田川へ行くことにする。


横河渓谷の駐車場に車を停めてスタート。まずは林道歩きで終点まで。
ちなみにsea to summitをするなら永田集落に公園があるので、そこの駐車場を利用すると良い。


林道終点から左岸に付けられている猟師道を少し辿り、沢に下降する。


入渓。水が綺麗!


巨岩帯を縫うように進む。基本的に滝は登れないものが多い。


夏なら泳ぎたいところだが、4月なので泳ぐ気すら起きない。
先が長いので黙々と距離を稼ぐ。


少しゴルジュっぽい地形も出てくる。


沢は巨岩で埋め尽くされているのでルーファイをミスると致命的。


一つひとつの釜が大きく、深い。


400m付近で一旦沢は平凡になる。巨岩帯も少しは落ち着いた感じ。


ひたすら単調な遡行が続く。
何とか本日中に上の岩屋に到着したいところだ。


そろそろ良い時間になってきた。暗くなる前にテン場を探しながら歩く。


上の岩屋は無理か…と思っていたが、突如二俣出現。
確認するとここが右谷とネマチのクボとの分岐点だった。ということは…。


すぐ右側に目を向けると岩屋発見。無事、日没前に到着出来た。
岩屋は古くから猟師達に利用されているようで、ロープや焚火跡が残っていた。
大人2人でギリギリのスペースしかなかった。


翌朝、日の出と同時に行動開始。


ようやく滝がたくさん出てくるようになり、沢は一気に高度を上げて行く。


巨岩の間から流れる滝は左岸巻き。


小さく巻くと4mCS滝。これも登れないので戻って左岸を巻いた。


この連瀑帯も左岸から巻いた。
それにしても、かなり源頭部まで来たのにこの水量。
雨の日はこの付近でも鉄砲水が発生するらしい。


ようやく神様のクボとの二俣に到着。入口から完全に藪。
疑心暗鬼になりながら進む。


入口は巨岩に埋め尽くされており、通過も容易ではない。


巨岩&シャクナゲと格闘しながら、ようやく沢に復帰。
奥に神様のクボらしきものが見えてきてテンションアップ。


振り返る。見た目は何とも無さそうなのだが…。


シャクナゲの海を潜るように進んで行くと突如視界が開け、神様のクボが見えてきた。


神様のクボに到着。ガスがかかって幻想的。


反対側には宮之浦岳が見える。


右の踏み跡を少し辿る。


永田岳の登山道に飛び出した。記念に山頂によって下山開始。


下山路は永田歩道。コースタイム約9時間の下山が始まる。


鹿之沢小屋に到着。もう1泊したいところだが、今日中に下山するため先を急ぐ。

19時、ヘッデン下山で登山口に到着。いやー疲れた。

コースタイム

1日目
駐車場8:40―入渓地点9:20―上の岩屋17:40

2日目
起床4:00―出発5:00―神様のクボ出合7:40―神様のクボ11:50―永田岳12:00―鹿之沢小屋12:50―登山口19:00―駐車場19:30

装備

ラバーソール靴、30mロープ