谷川・奥利根の沢

谷川 センノ沢

隣のマチホド沢とは対照的に下山の面倒さから、あまり遡行記録を見ない沢。

短いながらも急峻な地形に大滝とナメが連続する。

小出俣川 センノ沢 遡行記録

2016/7/12 日帰り 晴れ

遡行グレード:3級

メンバー:ケーシ、他1名

前日の抱返り沢で全身筋肉痛の中、せっかく天気も良いので近場の沢へ。

小出俣川(おいずまたがわ)の沢は今回が初。
マチホド沢の下見も兼ねて、あまり記録の無いセンノ沢に行くことにする。


ゲート前の駐車スペースから林道を千曲平橋まで歩く。

この付近はヒルが出るらしいが幸い1匹も付着していなかった。

入渓直後は平凡な渓相。


しばらくすると10m滝が出現。ここは右岸から簡単に巻ける。

直登は難しいかな?


滝上からしばらく歩くと、大ヒラナメのセンが登場。

今回は水量が少なくイマイチ迫力に欠けるが、舗装道路のような真っ平なナメが300mほど続いている。


ナメが終わると赤茶けた8m滝。

念のためロープを出したが簡単に登れた。Ⅲ+くらいかな。


滝上から振り返る。天気が良すぎてかなり暑い。


次第に側壁が立ってくると二俣に到着。

マチホド沢には威圧的な100m大滝がかかる。

センノ沢も中々の切れ込み具合。


センノ沢入口には2段10m滝がかかるが、倒木が邪魔なため巻き気味に登る。

頼りない草付きを使いながらの微妙な登りで滝上へ。


核心の20m滝に到着。

ここはロープを出して右壁の岩と草付きのコンタクトラインを登る。

スタンスやホールドが泥で隠れており、掃除しながらの登攀。結構渋い。


滝上のナメを歩くとすぐに30m滝。

下部はハング気味で登れる気がしないので、下部は左の藪から巻き、中間から滝の方に出て登る。

中間部~上部はガバが多いが、ヌメリが酷くフェルトでも相当気を遣った。


30m滝上から下を覗く。


ナメを歩いていくと20mチムニー滝。

ここは右壁を登る。


登攀中に振り返る。ここも結構渋め。


最後は下り気味にトラバースして落ち口へ。

ルートが屈曲したので、ロープが激重だった。


次は40mナメ滝。滝がとにかく出てくる。しかもどれも大きい。

登攀系沢が好きな人にはたまらないだろう。


ここはノーロープで気持ちの良い登り。


続く20m滝。ここも階段状なので快適。

この滝を越えると沢筋はどんどん狭くなっていく。


稜線に到着。藪の密度が半端ない。

ここから反対側のイラクボ沢を下降する。


適当な所からイラクボ沢下降開始。

同行者が藪で目を負傷し、介抱しながら進む。

沢自体は大きな滝も無く、下降しやすい。


10mほどのCS滝で1回だけ懸垂した。


下降中。そろそろ終わりかな。

赤谷川の林道に到着。ここから駐車場に戻った。

トラブルは有ったが、無事に日没までに遡行を終えられた。

コースタイム

6:30駐車スペース―7:00千曲平橋―7:30大ヒラナメのセン―8:10センノ沢出合―10:40 20mチムニー滝―13:00稜線―16:30イラクボ沢出合―18:00駐車スペース

装備

フェルトソール靴、50mロープ、カム