上信越・越後の沢

破間川左沢~本流(途中まで)

珍しく釣り山行。

守門岳の源流で美味い魚を堪能!

途中までしか行かなかったので、いつか山頂まで詰めてみたい。

破間川左沢~本流 遡行記録

2021/9/15-17 2泊3日 全日晴れ

メンバー:シュカ、その他2名

アウトドアライターの森山伸也さんにお誘いいただき、雑誌『山と釣り』の取材に同行!
ケーシはぎっくり腰が治らず、私シュカだけ行くことに。

早速左沢に入渓…と思ったら、右沢に入っていた。
森山さんは初っ端からバンバン釣る。流石だ。
しばらく釣ってから左沢へ戻る。


当方テンカラ初心者…、果たして釣れるのかと心配だったが岩魚ゲット!
森山さんが丁寧に釣り方を教えてくれたおかげで、何となくコツがわかった。

小さいのはリリース、大きいのは頂きます。

その後も順調におかずを釣り上げ…笑、あっという間に1日目終了。

刺身とかば焼き、アラは味噌汁にして頂いた。
有難いことに、調理は全てお任せ。次回は何か岩魚料理を覚えてきたいところ…。

翌日は枝沢から本流へ下降。上流は岩魚の楽園だった。

 
枝沢を下って行くと滝が出てきた。懸垂なしで巻き降りる。

再び滝。こちらも大き目に巻き降りて懸垂なし。

ようやく本流に降り立った。

岩盤が段々と発達してきて中々良い渓相だ。

この日はカメラマンの松井さんが最後の最後で大物を釣り上げた!
まな板からはみ出ている!笑

本日のメニューは塩焼きと漬け丼、アラ汁。
こんなに脂が乗っていて美味しい岩魚は初めて食べた。釣りにハマりそうだ。

最終日は守門岳山頂を目指す。


ナメが出てきて綺麗な渓相だな~と思っていると…

やっぱり滝が出てきた。直登できず、高巻くことに。

意外と小さく巻けずに巻きあがって行くと、先の方に大滝が連続しているのが見えた(写真撮り忘れた…)。
かなり時間がかかりそうということで、ここで撤退することにした。

帰りは本流を下降して行く。ゴルジュマークの部分は中々いい渓相。

意外と浅くて容易にへつれるので、左沢から迂回するより、普通に本流を遡行した方が早いことが分かった。
後はひたすら河原を歩き、林道が近づいたところで枝沢を上がって林道に出た。

破間川本流の雪渓が無い時の記録は、登山体系にも載っていない。というか、支流も記録がほぼ無い沢が多いので、調査遡行が面白そうな山域だ。またいつか来たいと思う。