関西の沢

南紀 赤倉谷

3つの大滝と上部のナメが美しい沢。

行程が短く、難しい箇所も無いので初心者におすすめの1本!

尾川川 赤倉谷 遡行記録

2021/4/30 日帰り 晴れ

メンバー:ケーシ、シュカ、他1名

遡行グレード:1級

GWは友人と合流して沢登り!
数ある沢の中でどこに行こうか悩んだが、当日集合ということもあり
行程的に短めな南紀の赤倉谷をチョイス。


支度をしてスタート。
南紀の沢ではマイナーな部類なのか、GW初日なのに他パーティ無し。
堰堤が出てくるまでしばらく右岸の踏み跡を進む。


堰堤から入渓し遡行開始。最初は平凡。


最初の二俣を右に入るとすぐに一ノ滝。
凄し戻って右岸から巻く。直登も出来るそう。


前日まで降り続いた雨で中々の水量だ。


巨岩帯を抜けると美しい二ノ滝が現れる。


ここは左岸巻き。
大きめに巻いて行くが、テープが所々あって迷うことはない。


巻き終えて沢に戻ると深い釜を持つ三ノ滝。
水量多く大迫力!ここも左岸から巻いて行く。


巻き終えると綺麗なナメ床が登場。(写真は中俣のナメ)
今回は右俣を詰める予定だが、中俣のナメも綺麗らしいので少し戻って見に行くことに。
ナメが途切れるまで中俣を進み、引き返して右俣へ。


右俣のナメもお見事。


南紀らしい優しい渓相。最高~


ナメが終わり、沢が平凡になったところで適当に尾根に上がる。


踏み跡っぽいところをしばらく登ると丸尾山に到着。
地形図に登山道表記の無い山だが、立派な看板が設置されていた。
ここから南西の尾根を慎重に下って行く。


部分的に分かりにくい箇所もあったが、無事に林道に帰還。

あとは少し林道を歩いて駐車スペースへ。
早く終わり過ぎたので、道の駅に戻って昼から酒を呑んでグータラしてました(笑)
もう少し行程の長い沢でも良かったかも。

沢は超癒し系で行程短めなので、天気が微妙な時か沢始めに行くといいと思います。

コースタイム

駐車スペース9:00―一ノ滝9:20―二ノ滝9:30―三ノ滝9:40―丸尾山11:00―駐車スペース12:00

装備

ラバーソール靴、30mロープ