関西の沢

南紀 ほしやわた滝

山奥にひっそりと佇む南紀の大滝。

大滝登攀らしからぬ快適なピッチが続く。

天瀬谷 ほしやわた滝 登攀記録

2021/6/15 日帰り 曇り

メンバー:ケーシ、シュカ

遡行グレード:?

ここ数日パッとしない天気が続いており、今日も昼から雨予報。
行先に困ったときは大滝登攀!ということで再び南紀にやってきた。
今回は成瀬さん初登のほしやわた滝を登ることにした。
ちなみに前職の先輩沢ヤに聞いたところ、“ほしやたわ”が正式名称とのこと。
確かにエアリアにもそっちで書いてあったし、誰かが読み間違えてほしやわたになってしまったのだろうか…。


早朝、あまり道路状態が良くないと噂の林道を駐車スペースまで進むが、4WDなら特に問題無し。
入渓地点のヘアピンカーブ手前の駐車スペースに車を停めてスタート。
作業道っぽいところを進む。


左の支流に入り、コケの生えたナメをしばらく登る。


視界が開けると前方にほしやわた滝が姿を現す。
写真で見るよりも現物はかなり立っている。上部に関してはどこにホールドがあるんだ?という感じ。


支度をして登攀開始。1P目はシュカさんリード。
右から取り付き、シャワーを浴びながら斜上。クラックのあるテラスでビレイ。


フォローで続く。岩は硬く、基本的にガバだらけで登りやすい。


2P目はケーシリード。
凹角を登り、途中から左に移って直上。岩は乾いていてフリクション抜群。

大きな白い灌木の所まで登り、2P目終了。後続を迎える。


そしていよいよ3P目。シュカさんリード。
流心に続くバンドをトラバースして直上して行くが、スタンスがヌメっていて踏ん切りが付かない様子。


いつでも替わるよーと下からプレッシャーをかける(笑)
煽ったおかげか決心が出来たようでロープがスイスイ伸びてあっという間にビレイ解除の合図が鳴った。


フォローで続く。
下からは全然分からなかったが、ガバカチが良い具合に続いている。
フレーク状なのでどれも脆そうに見えるが、岩は硬く快適。ヌメリもさほど気にならない。


落ち口直下から振り返る。


無事に登攀終了。お疲れさま!


滝上もナメ滝が続いているのでロープを出して登る。ここはヌメヌメだった。

その後はナメを堪能して林道へ。
懸垂はせずに林道歩きで駐車スペースに戻った。

鼻白滝と比べるとヌメリやシャワーが無く、気持ち良く登れる系の滝だった。
今後も沢の合間を縫って、大滝をつまみ食いしていきたい。

コースタイム

駐車スペース8:30―1P 9:00―2P 9:30―3P 10:30―駐車スペース12:30

装備

フラットソール、50mロープ×2、ハーケン・カム