中央アルプスの沢

南木曽 柿其川本流

ひたすら水と戯れる泳ぎ沢!

景色も素晴らしく、渓谷美にとにかく癒される。

避暑にオススメの一本。

木曽川水系 柿其川本流 遡行記録

2017/7/21 日帰り 晴れ

遡行グレード:3級上

メンバー:シュカ、ケーシ

 柿其渓谷駐車場から徒歩15分ほどで、柿其渓谷入口だ。

 つり橋を渡り、牛ヶ滝展望台へ向かう。

 しばらく沢沿いの遊歩道を行く。
この時点で渓相がめっちゃ良い!


牛ヶ滝展望台に到着。
さすがに直登不可能なので左岸から巻く。

 踏み跡を辿り、柿其川に下りる。

 美しいエメラルドグリーンの水を泳ぐ!

水量も多くなく、特に苦労せず進んでいく。

 簾状の滝は右端から越える。

天気も良く、気温も高く快適な遡行だ。

 ねじだる前衛滝。
ちょっとした核心らしい。

 右から泳いでとりつく。

 水量が少ないせいか、簡単に立てた。
ここから落ち口へのへつりが難しいらしいが・・・

ラバーソールなら全然問題なかった。
こういう沢にはやっぱラバーだな。

 面白い造形の滝は少し戻って右岸から巻き。
滝左のチムニーから登ったパーティもあるそうだ。

 豪快な斜瀑。
直登は無理で、左から巻いた。

 穏やかな渓相になり、しばらくゴーロ歩き。

 今日の核心、霧ヶ滝。
泳いで左から取り付き、落ち口へトラバース。

フォロー中。
この辺りから水流側への一歩がリーチ課題で、結構ギリギリだった。
リードしなくて良かった。笑

 落ち口はフリクション勝負だ。

霧ヶ滝を越えてもまだまだ泳ぐ。
右岸から流されつつ、必死のクロールで左岸のガバを取り、這い上がる。

 箱淵はガイド本だと苦労していたが、今日の水量だと普通に平泳ぎで進めた。

 綺麗な渓相が続く。
魚もたくさん泳いでおり、結構大きいのも釣れそうだ。

 白泡立つ小滝は水線突破できず、左から巻いた。

 豪快なひょんぐりの雷滝。
直登は厳しく、少し戻って左岸から巻いた。

 雷滝を越えると沢は平凡になる。
適当に横を走る林道に上がり、遡行終了。

さっきまでは少し寒かったのに、林道歩きは灼熱。
30分程歩くとすぐに駐車場だった。

コースタイム

6:30 駐車スペースー6:45 柿其渓谷入口ー7:15 入渓ー8:00 ねじだるー9:00 霧ヶ滝ー9:45 霧ヶ滝上ー10:10 箱淵ー11:25 雷滝ー12:00 遡行終了

装備

ラバーソール靴、50mロープ、カム類、ライジャケ、ライトネオプレン上下