谷川・奥利根の沢

谷川 仙ノ倉谷西ゼン

谷川の人気ルート!

秋にオススメのひたすらスラブ登りの沢。

車2台で行くと下山が楽。

魚野川水系 仙ノ倉谷 西ゼン

2019/10/1 日帰り 晴れ

遡行グレード:2級

メンバー:シュカ、他1名

本当は3人で谷川の赤谷川本谷を遡行する予定だったが、入渓点に着いた辺りでケーシの腰痛が悪化しまともに歩けなくなったため、まさかの撤退。

でもせっかく来たし・・・ということでF1だけ見物してきた。

さて、そんなこんなでケーシは療養することになり、残った2人で翌日日帰りの沢に行くことになった。
転身先は近場でちょうど行きたかった西ゼンに決定。

東ゼンを遡行して以来、いつか西ゼンもと思いつつ中々機会に恵まれなかったが、(ケーシにはちょっと悪いけども)ようやく来ることができた!
今回は車が2台あるので、1台を下山する平標登山口にデポ。
もう1台で毛渡沢林道へ向かう。

林道ゲート前の駐車スペースに車を停め出発。
平標新道からアプローチ。

入渓点に到着。
出発時は肌寒かったが日が出てくると汗ばむくらいの気温に。

 しばらく平凡な河原状。

次第にナメ滝がでてくる。
草付きから簡単に巻けるが、クライマーな同行者は際どいヘツリをこなして突破。

奥にかかる滝の上が東ゼン・西ゼンの二俣だ。

 西ゼン最初の滝は右から巻き気味に行けば簡単。
ど真ん中直登ルートは結構斜度があるので勇気がいる。

日が当たって輝くスラブにテンションが上がる!

水流沿いから右上するが滑りそうで嫌らしかった。

ひたすらナメの連続!

 右岸から巻き気味に越える。

第一スラブ入口の10m滝は右岸から巻き。
踏み跡もしっかりついている。

 濡れたところでうっかり足を滑らせないよう慎重に・・・。

 乾いたところはラバーソールですこぶる快適。

 ぐいぐい高度を上げて行く。

第一スラブ終わりの滝。

第二スラブ始まりの滝。
なんとなく踏み跡っぽい左岸から巻く。

なかなか沢に戻れなくなってしまったので、草付きトラバース。
ここが一番悪かったかも・・・。
第二スラブ入口の滝は水流沿いが正解だった模様。


無事沢に戻って来れた。
スラブ中間から仕切り直し。

水流右を行くことにする。

上に行くにつれ傾斜が立ってくる。
今回は使わなかったが、慣れない人がいる場合は要ロープだ。

 西ゼン左岸側の景観がなかなか素敵。


振り返っても絶景。
天気が良くてどこまでも遠くの山々が見えそう。

あっという間に第二スラブ終了。
小滝を越えると沢幅が狭まり一気に源頭の様相になる。

 紅葉と穏やかな流れに癒される。

二俣に到着。
ガイド本では右となっているが、Web上の記録を読んでいると、どうやら左の方が藪漕ぎが少ないらしい。迷わず左へ!

 いくつか小滝が出てくるが特に問題なし。

 快適に沢筋を詰めて行く。

 噂どおり藪漕ぎらしい藪漕ぎはない。

あっという間に登山道に出た!
二俣を右に行くと藪漕ぎ数時間らしいので、左はだいぶ楽チンだ。

もうひと頑張り登って平標山頂に到着。
あまりに気持ちのいい天気なので、珍しく山頂に長居してしまった。

下山は平本新道へ。
平標新道と比べると、歩きやすすぎて天国のような道だった。

サクッと下山。
木道が非常に整備された綺麗な登山道だった。

コースタイム

毛渡沢林道ゲート6:40-入渓点7:30-西ゼン出合8:30-第一スラブ8:50-第二スラブ9:10-二俣10:10-登山道11:00ー平標山頂11:10~40-平標山登山口駐車場13:10

装備

ラバーソール靴、30mロープ(未使用)